01 August

インボイス制度に対応する上での困りごと第一位は?「インボイス制度アンケート集計結果」

掲載日:2021年08月01日   
コラム

インボイスへの本音を探ります!

ソリマチでは、ユーザー様宛にメールマガジン「会計・実務情報通信」を定期配信しています。この「会計・実務情報通信」2021年6月14日号・2021年6月22日号にて、インボイスに関するアンケート調査を掲載し、延べ103名の方からご回答をいただきました。

以下では、その集計結果について、ご報告いたします。なお「複数回答可」とある設問は複数の選択肢を選択できる形式で、それ以外は一つの選択肢のみを選択する形式です。

「知っている」「少し知っている」という回答が全体の7割以上を占めました。ただし、「知らない」が2割弱ですから、未だに十分な周知が行き届いていない現状もあるようです。

「インボイス制度」についての関心はありますか

こちらも「非常に関心がある」「関心がある」が8割弱を占めました。もともと、インボイスに関心を持っている方がこのアンケートに積極的に答えた、という側面もあるかもしれませんが、現時点で予想以上に多くの方が関心を抱いているようです。

2023年に「インボイス制度」が導入されると、仕入税額控除の条件として課税事業者であることが求められます。これについてどのように対応しますか?※2029年まで段階的に控除が廃止されます。

この結果を見ると、回答者全体の52.43%が免税事業者ですから、「免税事業者だが、課税事業者になる」と回答したのは、免税事業者全体の(25.24%÷52.43%×100=)約48.14%です。
「様子を見る」を選択した免税事業者も課税事業者になる可能性がありますから、今後さらに課税事業者の数は増えていくでしょう。

「インボイス制度」に感じている不安があれば教えてください(複数回答可)

第一位は「制度そのものの詳細がわかりにくい」で、やはりインボイスは理解しづらいと感じている方が多いようです。第二位は「会計処理に伴う業務負担が増えそう」で、こちらも悩ましい問題です。
なお、その他の自由回答については、「課税事業者を選択しないと、取引が減るのではないか」「免税事業者からの仕入れが多い」など、取引関連が多くを占めていました。

インボイス制度について今後システム対応しますか?

「対応する」「必要なら対応する」が8割以上と圧倒的多数を占めました。

「インボイス制度」について知りたいこと、気になっていることがあれば教えてください(自由回答)

まとめ

インボイス制度に欠かせない「適格請求書発行事業者」登録の受付は令和3年10月1日より開始されます。今後、ますますインボイスへの興味・関心は高まっていくことが予想されます。DX office Labでも、インボイス関連の情報を随時発信していきますので、引き続きご覧ください。

ABOUT執筆者紹介

ソリマチ株式会社 みんなの経営応援通信編集部

 
身近な体験談やアンケート結果などの情報は編集部が発信中!私たちソリマチ社員の最大ミッションはお客様の声に全力で耳をかたむけサービスを創造し続けること。そして、100年以上継続する強くて面白い会社を目指しています。

ソリマチ株式会社Webサイトみんなの経営応援通信

 
本記事「インボイス制度に対応する上での困りごと第一位は?「インボイス制度アンケート集計結果」」はいかがでしたか?

お客様満足度No.1・法令改正に対応した財務会計ソフト「会計王」はこちら

  • 会計ソフトのことなら会計王
  • みんなの経営応援セミナー

最新の記事

2022年01月25日子どもがお年玉をもらったら課税?贈与税のキホンを確認しよう
2022年01月21日【DXの基礎知識】これからどうなる!?インボイス制度、早わかり!
2022年01月21日【DXの基礎知識】時代はペーパレス!?電子帳簿保存法を理解しよう!
2022年01月21日【DXの基礎知識】自宅で便利な確定申告!e-Taxのメリットと使い方
2022年01月21日【DXの基礎知識】マイナポータル&マイナンバー制度の現在と未来
人気記事ランキング
2022年01月18日 何もわからないフリーランスのための確定申告講座
2021年09月24日 免税事業者が気になるインボイス制度…簡易課税を選べば節税できる?
2021年12月06日 10月からマイナンバーカードが健康保険証代わりに?メリット・デメリットを解説
2022年01月10日 令和3年度確定申告(申告期限令和4年3月15日)についての改正点や申告時におけるポイント
2021年12月21日 来年1月からの電子帳簿保存法、2年猶予と聞いたけどホント?令和4年度税制改正を解説

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはこちらよりお願いします。

電子保存義務化を2年猶予する方針が示されました。詳しくはこちら。