28 February

その裏技もう使えません!育休中の社会保険料免除要件の見直しについて

掲載日:2022年02月28日   
社会保険ワンポイントコラム

出産・育児等による労働者の離職を防ぎ、希望に応じて男女ともに仕事と育児等を両立できるようにすることを目的とし、2022年4月1日から3段階で育児・介護休業法が改正されます。育児休業取得率は、女性は8割台で推移している一方、男性は、2020年で約13%と女性よりも低い水準であるものの、上昇傾向にあるようです。

しかし、育児休業の取得期間は、女性は9割近くが6か月以上となっている一方、男性は8割が1か月未満となっています。月末日を含んだ短期間の育児休業を取得するとその月の給与や賞与から控除される社会保険料が免除されますので、短期間の育児休業の際は月末日を含むものが多いようですが、今年、保険料免除制度の改正がありますので、注意が必要です。

育児休業中の社会保険料はどうなる?

育児休業中の社会保険料については、健康保険法第159条及び厚生年金保険法第81条の2の定めにより、育児休業をする被保険者を雇用する事業主が、保険者等(協会けんぽ等)に申し出ることにより、被保険者・事業主、両方の社会保険料負担が免除されます。

社会保険料が免除される期間は、「育児休業等を開始した日の属する月からその育児休業等が終了する日の翌日が属する月の前月までの期間」とされ、給与だけでなく賞与の社会保険料も免除されます。

よって、短期間で育児休業を取得する場合、月末を含むか否かで保険料が免除されるか否かが決まるという不公平が生じていました。特に賞与月においては、給与のみならず賞与についても社会保険料が免除されますので、賞与月の月末1日を休むことで手取りが10万円以上違ってくる、ということもありました。

しかし、2022年10月1日から、育児休業中の社会保険料免除の要件が改正されますので、その裏技は使えなくなります。

改正後の育児休業期間中の社会保険料免除制度とは?

現在、その月の末日が育児休業期間中である場合、育児休業期間中の給与・賞与に係る社会保険料が被保険者本人負担及び事業主負担分ともに免除されますが、2022年10月以降は、以下の要件も追加されます。

① 同一月内で育児休業を取得(開始・終了)し、その日数が14日以上の場合
② 賞与に係る保険料については、連続して1か月を超える育児休業を取得した場合に限る

よって、賞与の社会保険料免除については、今後、1か月以上育児休業を取得しなければ対象となりませんので、厳しくなりますが、給与の社会保険料については、月末時点で育児休業を取得している人に加え、同月に14日以上の育児休業を取得する人も対象となってきますので、要件が緩和されたといえます。

月末は忙しくて休めない場合でも対象となりますし、また、今年の10月以降は育児休業の分割取得も可能になりますので、各自のタイミングで育児休業が取りやすくなるといえます。

改正前後のイメージ

 

その他、育児・介護休業法の改正の概要について

今回は、育児休業期間中の保険料免除について主に説明しましたが、今後の育児・介護休業法の改正の概要については、以下のとおりです。

改正の概要

1.2022年4月1日より

  • 雇用環境整備、個別の周知・意向確認の措置の義務化
  • 有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和

2.2022年10月1日より

  • 産後パパ育休(出生時育児休業)の創設
  • 育児休業の分割取得

3.2023年4月1日より

  • 育児休業取得状況の公表の義務化(1,000人超の企業)

厚生労働省のホームページでは、個別周知・意向確認書の記載例や、育児・介護休業等に関する規則の規定例についても確認することができます。
今のうちから確認し、準備をしておきましょう。

ABOUT執筆者紹介

松田 法子

社会保険労務士法人SOPHIA 代表

人間尊重の理念に基づき『労使双方が幸せを感じる企業造り』や障害年金請求の支援を行っています。
採用支援、助成金受給のアドバイス、社会保険・労働保険の事務手続き、給与計算のアウトソーシング、就業規則の作成、人事労務相談、障害年金の請求等、サービス内容は多岐にわたっておりますが、長年の経験に基づくきめ細かい対応でお客様との信頼関係を大切にして業務に取り組んでおります 。

原稿提供元株式会社ブレインコンサルティングオフィス「かいけつ!人事労務」
本記事「その裏技もう使えません!育休中の社会保険料免除要件の見直しについて」はいかがでしたか?

お客様満足度No.1・法令改正に対応した財務会計ソフト「会計王」はこちら

  • 個人事業主もフリーランスも!「インボイス」申請書がかんたん登録作成できる「みんなのインボイス」オープンしました

Tag

最新の記事

2022年08月12日創業する際のオフィス選びのポイントは?種類別の特徴やコストを抑える方法を解説
2022年08月11日メンタルヘルス不調の社員を早期発見するコツと対策
2022年08月10日固定資産税の節税策?住宅街の土地に栗の木が生えているワケ
2022年08月08日「判決」「裁決」「判例」。違いをお教えします!
2022年08月05日【家電ライターが解説】身近な節電と省エネ補助金で冬の電力逼迫に備える!
人気記事ランキング
2021年09月24日 免税事業者が気になるインボイス制度…簡易課税を選べば節税できる?
2021年12月06日 10月からマイナンバーカードが健康保険証代わりに?メリット・デメリットを解説
2022年02月28日 その裏技もう使えません!育休中の社会保険料免除要件の見直しについて
2021年11月22日 共働き夫婦の子供はどちらの扶養? 令和3年8月からの健康保険の新基準を解説します。
2022年03月11日 農業者必見!消費税インボイス制度が農家にもたらす影響を徹底解説!

カテゴリ

お問い合わせ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはこちらよりお願いします。

申請書がかんたん登録作成できる「みんなのインボイス」オープンしました