01 July

「退職予定社員への賞与支給」と社会保険手続きのポイント

掲載日:2020年07月01日   
社会保険ワンポイントコラム

賞与をもらってその月中に退職する社員の場合、退職日が月末か月末以外かにより、「社会保険料負担の要否」が異なることをご存じだろうか。今回は、夏の賞与の支給を受けて退職する予定の社員について、賞与支給時の社会保険手続きを確認しよう。

資格喪失月に支給した賞与は、原則として保険料の負担対象にならない

賞与が厚生年金保険・健康保険の資格喪失月に支給されることがある。この場合、その賞与は厚生年金保険等の保険料の負担対象にならないのが原則である。例えば、7月上旬に夏の賞与の支給を受け、7月20日付で退職する社員を考えてみよう。厚生年金保険等の資格喪失日は退職日の翌日なので、7月20日付退職者の資格喪失日は7月21日になる。この場合の資格喪失月は7月である。従って、7月上旬に支給した賞与は「資格喪失月の支給」となり、前述のとおり厚生年金保険等の保険料の負担対象にはならないものである。

“月末退職”の場合、退職月に支給した賞与は保険料負担の対象になる

ただし、“月末退職”の場合には事情が異なる。例えば、7月上旬に夏の賞与の支給を受けて7月末日付で退職する場合、厚生年金保険等の資格喪失日は8月1日になる。この場合の資格喪失月は8月である。従って、7月上旬に支給した賞与は「資格喪失月の支給」とはならず、厚生年金保険等の保険料を負担しなければならない。

つまり、賞与支給月に退職する社員の場合、

  • “月末以外の退職” … 賞与は保険料の負担対象にならない。
  • “月末退職” … 賞与は保険料の負担対象になる。

という違いが発生するわけである。

“月末以外の退職”でも届け出は必要

次に、届け出について考えてみよう。通常、賞与を支給すると、5日以内に日本年金機構および健康保険組合に対して『被保険者賞与支払届』を提出し、その結果、保険料計算の根拠となる標準賞与額が決定される。そのため、保険料の負担対象ではない賞与については、届け出が不要のように思える。しかしながら、健康保険の標準賞与額には年度の累計額に573万円という上限があり、この累計額の計算には、資格喪失日の前日までに支給された賞与が含まれることになっている。そのため、賞与支給月の“月末以外の退職”のために保険料の負担対象にならなくても、資格喪失日の前日までに支給された賞与であれば、『被保険者賞与支払届』を提出する必要がある。この点は誤りやすいので、注意をしていただきたい。

《参考》
日本年金機構ウェブサイト:
従業員に賞与を支給したときの手続きhttps://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/hoshu/20141203.html

ABOUT執筆者紹介

大須賀 信敬

コンサルティングハウス プライオ代表(中小企業診断士・特定社会保険労務士)

原稿提供元株式会社ブレインコンサルティングオフィス「かいけつ!人事労務」

本記事「「退職予定社員への賞与支給」と社会保険手続きのポイント」はいかがでしたか?

お客様満足度No.1・法令改正に対応した財務会計ソフト「会計王」はこちら

  • 個人事業主もフリーランスも!「インボイス」申請書がかんたん登録作成できる「みんなのインボイス」オープンしました

Tag

最新の記事

2022年08月12日創業する際のオフィス選びのポイントは?種類別の特徴やコストを抑える方法を解説
2022年08月11日メンタルヘルス不調の社員を早期発見するコツと対策
2022年08月10日固定資産税の節税策?住宅街の土地に栗の木が生えているワケ
2022年08月08日「判決」「裁決」「判例」。違いをお教えします!
2022年08月05日【家電ライターが解説】身近な節電と省エネ補助金で冬の電力逼迫に備える!
人気記事ランキング
2021年09月24日 免税事業者が気になるインボイス制度…簡易課税を選べば節税できる?
2022年02月28日 その裏技もう使えません!育休中の社会保険料免除要件の見直しについて
2021年12月06日 10月からマイナンバーカードが健康保険証代わりに?メリット・デメリットを解説
2021年11月22日 共働き夫婦の子供はどちらの扶養? 令和3年8月からの健康保険の新基準を解説します。
2022年03月11日 農業者必見!消費税インボイス制度が農家にもたらす影響を徹底解説!

カテゴリ

お問い合わせ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはこちらよりお願いします。

申請書がかんたん登録作成できる「みんなのインボイス」オープンしました