01 April

適用期限を迎えた中小企業金融円滑化法 | みんなの経営応援通信 - 経理や経営に役立つ情報が満載

掲載日:2013年04月01日   
時事深長

「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律」いわゆる中小企業金融円滑化法が平成25年3月末に適用期限を迎えました。
昨年来、中小企業のための会計ルールである「中小会計要領」や、「中小企業経営力強化支援法」の整備等、中小企業の経営環境を改善する動きはあるものの、円滑化法の終了により、金融機関の貸出姿勢が変化することや、今後の資金調達に対する不安は高まっており、円滑化法終了後も、引き続き、金融機関から条件変更や新規融資等の支援を得られるよう、柔軟な対応が求められています。

金融庁では、「金融機関が、貸付条件の変更等や円滑な資金供給に努めるべきということは、円滑化法の期限到来後においても何ら変わりません。」としており、平成25年度税制改正では、

  • 合理的な再生計画に基づく債権放棄について、中小企業再生支援を行う再生ファンドの債権放棄も対象とする特例を設ける
  • 「企業再生税制」の適用場面において、評価損が1,000万円未満であっても計上を認める
  • 「合理的な再生計画」に基づき、再生企業の保証人となっている経営者が行う私財提供

について、金融機関に私財提供を行う場合と同様に、譲渡所得を非課税とする
等の措置が講じられています。

円滑化法の終了に際しては、各財務局・事務所に設けられた「中小企業等金融円滑化相談窓口」や、地域経済活性化支援機構による地域の再生現場の強化等を支援するための機能の追加等、総合的な対策が講じられていますが、今後の動向については不透明な状況も少なからずあるようです。

お客様満足度No.1・法令改正に対応した財務会計ソフト「会計王」はこちら

  • DX Office Lab
  • 会計ソフトのことなら会計王
  • みんなの経営応援セミナー

最新の記事

2021年08月05日コロナのワクチン接種が始まった!会社が気を付ける点は?
2021年07月30日2021年分の年末調整を適切に、スムーズに進めよう。-電子化による事務の効率化にレッツトライ!-
2021年07月26日中小企業にお勧めの「従業員」に関する2021年度(令和3年度)の助成金について<後編>
2021年07月20日令和3年度 法人課税関係の税制改正まとめ-DX投資やカーボンニュートラル、所得拡大など-
2021年07月19日中小企業にお勧めの「従業員」に関する2021年度(令和3年度)の助成金について<前編>
人気記事ランキング
2021年03月24日 この時期だから押さえたい!「申請」と「届出」の違い
2021年07月30日 2021年分の年末調整を適切に、スムーズに進めよう。-電子化による事務の効率化にレッツトライ!-...
2020年08月03日 扶養家族は介護保険の保険料を納めるの?
2019年09月01日 その社会保険料控除、何月分ですか?
2020年08月18日 2023年10月より導入予定の「インボイス制度(適格請求書等保存方式)」とは?...

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはこちらよりお願いします。

「新型コロナウィルス関連情報」を随時更新中です。