19 April

デジタルマーケティングとは?手法・メリット・現状など

掲載日:2024年04月19日   
IT・ガジェット情報

デジタルマーケティングは、現代のビジネスにおいて不可欠な戦略となっています。この手法は、インターネットやスマートフォンの普及により、消費者の購買行動が大きく変化したことに対応して生まれました。従来のマス広告や実店舗だけではなく、オンライン広告やソーシャルメディアを活用し、顧客との接点を増やすことで、より効果的なマーケティングを実現します。

本記事では、デジタルマーケティングの意味や手法、メリット、現状などについて詳しく解説します。

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングは、インターネットやスマートフォンの普及により消費者の購買行動が変化し、それに対応するために生まれたマーケティング手法です。従来の店頭での販促やマス広告だけでは消費につながらなくなった今日、デジタルマーケティングはオムニチャネルという考え方を取り入れ、リアルとWebの両方のチャネルを活用して顧客に最適なサービスとコミュニケーションを提供します。

オムニチャネルでは、従来のマス広告や実店舗での販売データだけでなく、インターネット広告やメール、SNSを活用したマーケティングなどデジタルツールを積極的に活用します。これにより、顧客との接点を増やし、より効果的なマーケティングを実現します。

また、デジタルマーケティングでは、消費者の行動データが蓄積され、そのデータを活用して行動や興味関心、購買行動などを分析します。これにより、顧客の本音やニーズを把握し、より効果的なターゲティング広告や戦略的なマーケティング施策を展開することが可能です。

デジタルマーケティングの手法

デジタルマーケティングには、さまざまな手法があります。なるべく多くの手法を組み合わせて、効率的に集客しましょう。デジタルマーケティングの手法とそれぞれの特徴について解説します。

Webサイトで集客

企業のデジタルマーケティングにおいて、Webサイト運用は基盤の1つです。情報の更新やアクセス解析などを繰り返して、Webサイトの目的を達成するための施策や改善を行います。

さらに、インターネット広告やSNSマーケティングなどの手法を活用して集めた顧客をWebサイトに誘導し、商品購入やお問い合わせなどの目的達成につなげます。たとえば、化粧品ブランドのWebサイトでは、美容情報の更新やSNSでのキャンペーン告知を通じて顧客の興味を引きつけ、Webサイトに訪れた顧客が商品を購入するよう導く方法があります。

SEO対策

SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)は、Webサイトやコンテンツを最適化し、検索結果で上位に表示させることを目指す手法です。この取り組みにより、自社サイトやコンテンツへのアクセスが増え、ビジネスの成果につながります。例えば、不動産会社が「東京のマンション購入」などのキーワードを選定し、関連するコンテンツを充実させることで、検索エンジン上位に表示され、マンション購入に興味のあるユーザーが自社サイトに訪れる可能性が高まります。

また、メタデータの最適化やコンテンツの質の向上、他サイトからのリンク取得なども重要な手法です。

動画マーケティング

動画マーケティングは、商品やサービスを動画コンテンツでプロモーションする手法です。主に動画共有サイトやSNSを活用して顧客に情報を提供し、商品やサービスの認知度と購買意欲を高めます。

動画は、テキストや画像よりも強い訴求力があります。例えば、美容製品を販売する企業が、新製品の効果を実演する動画を制作し、SNSで配信することで、顧客に商品の効果をリアルに体験させることができます。また、動画を通じて商品やサービスの魅力をストーリー仕立てで伝えることで、視聴者の心に訴えかけ、興味を引き出すことが可能です。

WEB広告運用

WEB広告運用は、外部のWebサイトに広告を出稿し、自社のWebサイトへのアクセスを促す方法です。

リスティング広告やアフィリエイト広告、ディスプレイ広告、ネイティブ広告など、多様な広告形態を利用することで、様々なターゲット層にアプローチすることが可能です。例えば、インターネット上でファッション雑誌を閲覧しているユーザーに向けて、ファッションアイテムの広告をディスプレイ広告として表示させることで、興味を引きつけて自社のWebサイトに誘導できます。

また、ターゲット層が特定のメディアやブログを利用している場合は、その媒体に自社製品やサービスを取り上げてもらい、記事として紹介するタイアップ広告も有効です。

SNS運用

SNSマーケティングは、Twitter、Facebook、Instagram、TikTok、そしてLINEなどのソーシャルメディアプラットフォームを活用して展開されるマーケティング手法です。

例えば、Instagramを使用してファッションブランドが最新の商品やコレクションを紹介し、フォロワーとのインタラクションを図ることで、ブランドのファンを獲得することができます。また、Twitterを通じてブランドの最新ニュースやプロモーション情報を発信し、ユーザーとの対話を促すことで、コミュニティを形成し、知名度を向上させることが可能です。

SNSマーケティングでは、広告出稿も重要な要素です。FacebookやInstagramでは、ターゲットユーザーに効果的に広告を配信できます。さらに、インフルエンサーマーケティングを活用して、影響力のあるインフルエンサーを通じて商品やサービスを紹介し、広告効果を高めることも1つの方法です。

メールマーケティング

メールマーケティングは、メールを活用して顧客とのコミュニケーションを図り、集客や顧客獲得を目指すマーケティング手法です。

例えば、ある会社が自社の新商品やサービス、セール情報などを定期的に顧客に配信し、興味を持ってもらうことで、商品の売上向上やブランドの認知度向上を図ることができます。最近では、メールマーケティングのシステムを活用することで、顧客ごとに配信内容や配信タイミングを最適化することも可能です。たとえば、顧客の購買履歴や興味関心に基づいて、パーソナライズされたメッセージを送ることができます。

メールマーケティングは、特に見込み顧客や既存顧客に対するフォローアップやリピート購買の促進に効果的です。

デジタルマーケティングのメリット

デジタルマーケティングには、次のようなメリットがあります。

コストパフォーマンスが高い

デジタルマーケティングは、コストパフォーマンスが高い手法です。例えば、伝統的なアナログの施策であるダイレクトメール(DM)を見込み顧客に送付する場合、印刷代や郵送料がかかりますが、メルマガを活用することでこれらのコストを大幅に削減できます。

また、対面のセミナーを開催する場合、会場費や機材費、スタッフの費用がかかりますが、ウェビナーを利用することでこれらの費用を削減できます。

リアルタイムに情報を取得できる

デジタルマーケティングには多くのメリットがありますが、その中でもリアルタイムに情報を取得できることは特に重要です。

例えば、広告をクリックしてWebサイトを訪問した人や、Webサイトから資料をダウンロードした人などの情報をリアルタイムで取得できます。これにより、広告やキャンペーンの効果測定が可能になります。具体的には、どの広告が効果的であるかや、どのキーワードがクリックされているかなどのデータをリアルタイムに分析し、広告戦略やキャンペーンの最適化を行うことができます。

また、リアルタイムに情報を取得できることから、顧客へのスピーディーなフォローアップも可能です。例えば、Webサイトに訪れた顧客に対して自動返信メールを送るなど、リアルタイムなアクションを起こすことで顧客との関係を強化できます。

リード情報の精度が高い

デジタルマーケティングは、精度の高いリード情報を取得できます。例えば、ユーザーの性別、年齢、地域、流入元などの細かな情報をリアルタイムで収集することが可能です。これにより、ターゲット層により適切なアプローチが可能となります。

例えば、Webサイト上の特定の商品ページを訪れたユーザーに対して、その商品に関連する情報を提供できます。また、SNS広告を利用する場合、ターゲットとなるユーザーの属性や興味関心に基づいて広告を配信することが可能です。

このように、精度の高いリード情報を活用することで、ターゲット層に的確なメッセージを送り、興味を引きつけることができます。そして、興味を持ったユーザーをリードとして獲得し、その後の育成やセールスへとつなげることが可能です。

デジタルマーケティングの現状

デジタルマーケティングの現状について、日本企業は「2025年の崖」という課題に直面しています。この概念は、経済産業省が2018年に公表した「DXレポート」で指摘されたもので、DXの課題を解決できないと2025年以降に年間最大12兆円の経済損失が生じる可能性があることを示します。

デジタル技術の必要性が高まる中、多くの経営者がDXの重要性を認識し始めています。しかし、旧来のシステムや複雑なデータベースなどが、DXの進展を阻害しています。企業IT動向調査2019によれば、基幹系システムを導入してから21年以上が経過する企業は全体の22.3%に上り、2025年の崖問題が実際に発生した場合、この数値は60%近くにまで上昇すると予測されています。

この状況に対処するために、企業はブラックボックス化を解消し、システムを最適化する必要があります。また、古いプログラムに依存する既存システムからの脱却も必要です。

出典:一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会「企業IT動向調査2019 (2018年度調査)

まとめ

各種デジタル手法の活用やDXの推進は企業にとって不可欠です。特にリアルタイム情報取得や精度の高いリード情報取得などのメリットは非常に大きく、デジタルマーケティングの成功によって売上を大きく伸ばす企業も続出しています。

今回、解説した内容を参考に、デジタルマーケティングの導入を検討してみてください。

ABOUT執筆者紹介

加藤良大

フリーライター
ホームページ・ブログ

歴11年フリーライター。執筆実績は23,000本以上。
多くの大企業、中小企業のWeb集客、メディア戦略に関わってきた。主な領域はITや不動産、医療、美容、税務・会計、法律などだが、ジャンルを問わず対応できる。

[democracy id=”564″]

お客様満足度No.1・法令改正に対応した財務会計ソフト「会計王」はこちら

  • おんすけ紹介ページ

Tag

最新の記事

2024年05月21日【オンラインセミナー】5/15(水) 給料王ユーザー様向け 定額減税対応セミナー
2024年05月20日中小企業が狙われているサイバー攻撃ってなに?~平均被害金額2,386万円から企業を守るために~
2024年05月17日(小規模事業者向け・障害福祉事業向け)令和6年度改正 処遇改善加算の基本理解
2024年05月16日オンライン会議で便利なガジェットとテクニック
2024年05月15日新生活で感じるストレスは注意が必要! 五月病の症状と予防法を解説
人気記事ランキング
2024年04月26日 【定額減税】個人事業主の定額減税はどうなる?
2024年02月15日 「定額減税」って何?2024年6月からの源泉徴収と年末調整はどうすべき?①
2024年03月20日 「4・5・6月の残業を減らすと社会保険料が少なくなる」は本当か
2024年05月09日 【定額減税】住民税は大丈夫?早めに確認したい4つのポイント
2024年02月28日 「定額減税」って何?2024年6月からの源泉徴収と年末調整はどうすべき?②
2022年08月24日 【インボイス制度】登録されているか確認する方法&公表サイトではどんな情報が公開される?
2024年03月01日 結局、一番得する社長の役員報酬額はいくらなのか!?
2024年05月08日 交際費等から除かれる飲食費が「1万円まで」に!損金算入の要件と中小企業への影響を解説
2021年11月22日 共働き夫婦の子供はどちらの扶養? 令和3年8月からの健康保険の新基準を解説します。
2024年05月10日 「法人事業概況説明書」と「勘定科目内訳明細書」の様式が改訂!

カテゴリ

お問い合わせ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはこちらよりお願いします。