01 June

平成24年分以後の「給与所得の源泉徴収票」について | みんなの経営応援通信 - 経理や経営に役立つ情報が満載

掲載日:2012年06月01日   
時事深長

国税庁は、平成24年分以後の「給与所得の源泉徴収票」を公表しました。

平成22年度の税制改正により生命保険料控除が改組されていますが、公表された源泉徴収票はこの改正に対応したものです。
新しい源泉徴収票は、「新生命保険料の金額」、「旧生命保険料の金額」、「介護医療保険料の金額」、「新個人年金保険料の金額」、「旧個人年金保険料の金額」の各欄が設けられ、「個人年金保険料」の欄が削除されています。

平成22年度改正では、平成24年4月1日以後に締結した保険契約の生命保険料控除に、新たに介護医療保険を設け、最大で4万円の控除が認められる一方で、一般生命保険料控除と個人年金保険料控除については、平成24年1月1日以後に締結する契約から、控除の限度額がこれまでの5万円から4万円に引下げられました。

ただし、制度全体の控除限度額は、平成23年分まで一般生命保険料と個人年金保険料をあわせて最大で10万円だったものが、平成24年分からは、一般生命保険料、個人年金保険料に介護医療保険料の控除が加わり、最大で12万円に引き上げられています。

なお、平成23年12月31日以前に締結した保険契約等については、改正前の控除額が適用されますが、平成23年12月31日以前に締結した保険契約等と、平成24年1月1日以後に締結した保険契約等の双方について控除を受ける場合、上限は各4万円となります。

お客様満足度No.1・法令改正に対応した財務会計ソフト「会計王」はこちら

  • 会計ソフトのことなら会計王
  • みんなの経営応援セミナー

最新の記事

2021年06月20日きちんと知っておきたい!令和3年度 「事業承継」に関わる税制改正
2021年06月14日労務トラブルが発生する前に!いま企業が求められている「労務管理の健康診断」とは?
2021年06月09日[起業応援]不動産で成功する秘訣は「イタコ」になること!?幸せに働ける「不動産エージェント」という生き方
2021年06月04日従業員の毎月の給与から徴収されている「社会保険料額」はどのようにして額が決定されているのか
2021年06月01日「インボイス制度」のココが気になる!運用面について詳しく解説します
人気記事ランキング
2020年08月03日 扶養家族は介護保険の保険料を納めるの?
2020年07月01日 「退職予定社員への賞与支給」と社会保険手続きのポイント
2021年03月24日 この時期だから押さえたい!「申請」と「届出」の違い
2019年09月01日 その社会保険料控除、何月分ですか?
2021年06月14日 労務トラブルが発生する前に!いま企業が求められている「労務管理の健康診断」とは?...

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはこちらよりお願いします。

「新型コロナウィルス関連情報」を随時更新中です。