29 September

TwitterからXへのリブランディングにより、何が変わったのか?

掲載日:2023年09月29日   
IT・ガジェット情報

2022年、テクノロジー界の巨人であり、スペースX、テスラのCEOとして知られるイーロン・マスク氏がTwitterを買収しました。この買収は、多くの人々にとって驚きであり、SNS業界においても大きな話題となりました。彼は買収後の2023年7月24日、Twitterの名称を「X」に変更。これによりさらに多くの変化が生じています。

この名称変更は単なる表面的なものではありません。それはTwitterというブランドが持っていたアイデンティティ、文化を捨て去ることで、そこにいるユーザーにも大きな影響をもたらしました。新しい名前「X」は、イーロン・マスク氏が目指す未来に対する新しいビジョンを象徴しています。このビジョンには、マネタイズ戦略の変更、ユーザーエクスペリエンスの向上、そしてプラットフォーム全体の機能拡張が含まれています。

この買収とリブランディングによって、Twitterはただのソーシャルメディアから、より大きな野望を持つ「X」という新たな存在へと生まれ変わろうとしています。この変化が、今後数年でどのように展開していくのか、多くの人々が注目しています。

 

リブランディングへのユーザーの反応

TwitterからXへのリブランディングは、多くのユーザーにとって衝撃的な出来事でした。特に、長年にわたってTwitterを使用してきた人々は、慣れ親しんだ「Twitter」という名称と、その象徴である青い鳥のロゴが失われることに強い反発を示しました。このような変更は、ユーザーにとってはただの名前やロゴ以上のものであり、それは一種のアイデンティティでもありました。

さらに、Twitterの公式アカウントが「@twitter」から「@x」に変更された際、イーロン・マスク氏は既存の「@x」アカウントを所有していたユーザーに対して報酬金などは一切支払わず、実質的にそのアカウントを強奪する形を取りました。このような強引な手法は、多くの批判を浴び、一部のユーザーからは信頼を失ったという声も上がっています。

このような反応は、新しいビジョンに対する不安や疑念を象徴しており、Xとして新たなスタートを切るプラットフォームにとっては大きな課題となっています。

Xヘルプセンターにはまだ青い鳥が残っていた。リブランディグの完了にはもう少し時間がかかりそうだ

 

リブランディングにより何が変わったのか?

TwitterからXへのリブランディングは、単なる名前やロゴの変更にとどまらない多くの変化をもたらしました。まず、基本的な用語が変更されました。Twitterでの投稿を表す「ツイート」は「ポスト(Post)」に、リツイートは「リポスト(Repost)」という新しい表現に変わりました。これは、プラットフォームの新たなアイデンティティを形作る一環と言えるでしょう。

さらに、マネタイズの戦略も大きく変わりました。イーロン・マスク氏がTwitterを買収した際には、広告、サブスクリプション、そして「everything app.(スーパーアプリ)」になるという3つの戦略を明らかにしました。

新たな取り組みとして、「X Premium(旧Twitter Blue)」という有料プラン(日本国内では月額980円、App Store課金の場合は1,380円)も導入されました。このプランでは、特定の機能やコンテンツがプレミアムユーザーだけに解放される形となっています。さらに、広告収益の分配にも変更があり、一部のユーザーが自分のポストから得られる広告収益を受け取ることができるようになりました。
買収後の最初の数か月間は、広告とサブスクリプションに重点が置かれていましたが、現在はスーパーアプリとしての機能拡張が本格的に始動しています。

このように、Xとして生まれ変わったプラットフォームは、ユーザー体験からビジネスモデルに至るまで、多角的に進化を遂げています。

ビジネスでXを活用するのであれば、「X Premium」に加入しよう

「X Premium」に加入することで以下のような機能を解放することができます。

「ポストを編集」、「広告数の半減」、「会話や検索結果でのポストの上位表示」、「長いポスト」、「テキストの書式」、「ポストのハイライト」、「ブックマークフォルダ」、「カスタムアプリアイコン」、「カスタムナビゲーション」、「話題の記事」、「リーダー」、「ポストの取り消し」、「長い動画のアップロード」、「テーマ」、「NFTのプロフィール画像」、「ショートメールによる2要素認証」、「チェックマークの非表示化」、「コミュニティを作成」、「Media Studioへのアクセス」、「X Proへのアクセス」
※詳細は公式サイトをご確認ください

この記事を読んでいただいている多くの皆様は、Xのビジネス活用にご興味があるのではないでしょうか。筆者も「X Premium」に加入し、Xを運用しています。ビジネスで活用するのであれば、「X Premium」に加入することをおすすめします。長文投稿が可能になったり、編集が可能になる利便性はもちろんのこと、投稿のインプレッション(表示回数)にも大きな影響が生じます。月額980円の価値は充分感じられるでしょう。

X Premium加入者には青いチェックマークが表示される。非表示にすることも可能。

 

 

イーロンが目指すもの:Xを「スーパーアプリ」に変貌させること

イーロン・マスク氏のTwitterからXへのリブランディングは、単なる名前変更やロゴのリニューアルを超えた野心的なプロジェクトです。彼が目指しているのは、Xを「スーパーアプリ」に変貌させることです。スーパーアプリとは、一つのアプリ内で多様なサービスや機能を提供するプラットフォームのことを指します。

このビジョンは、中国のWeChatやAlipayなど、既に成功を収めているスーパーアプリに触発されたものでしょう。これらのアプリは、ソーシャルメディア機能のみならず、メッセージ送信、決済、送金、ショッピング、フードデリバリー、タクシー配車など、多くの機能を一つのアプリでカバーしています。現在、日本にも米国にも、そのようなスーパーアプリは普及していません。(LINE PayPayは機能的に近いものはありますが、スーパーアプリとしてのポジションはWeChatに及びません)

イーロン・マスク氏は、Xを同様に多機能なプラットフォームに育て上げることで、ユーザーが他のアプリに移動する必要をなくし、より多くの時間をX内で過ごしてもらいたいと考えています。このようにして、Xはただのソーシャルメディアプラットフォームから、人々の日常生活に密接に関わるスーパーアプリへと進化を遂げる可能性があります。

中国等、スーパーアプリが普及している国と、日本や米国のような国では、政治的、経済的、社会的な違いがデジタルプラットフォームにとって非常に異なる環境を生み出しているというと指摘されるケースもあり、Xのスーパーアプリへの進化、普及は難しいと考える人も少なくありません。

中国で普及しているWechat。日本でも決済アプリとして多くの場で使用可能

 

まとめ

イーロン・マスク氏のTwitterからXへのリブランディングには確かに批判的な声が多いですが、その背後には彼の手腕があります。多くの人々がその手法に疑問を持ちつつも、彼がこれまでに成し遂げてきたことは誰もが認めるところです。

筆者としては、このような混沌とした状況と先行き不明なXの展開を楽しみながら観察していきたいと考えています。特に、Xが日本で最も影響力のあるソーシャルメディアプラットフォームであることを考慮すると、その動きは日本のデジタルコミュニケーションにも大きな影響を与えるでしょう。

このリブランディングが成功すれば、それはイーロン・マスク氏のまた一つの偉業となるでしょう。失敗すれば、それもまた彼の冒険の一部となる。いずれにせよ、この舞台裏のドラマとその結末は、多くの人々にとって興味深いものとなることでしょう。

ABOUT執筆者紹介

Webメディア評論家 落合正和

Webメディア評論家/Webマーケティングコンサルタント

株式会社office ZERO-STYLE 代表取締役
一般財団法人 モバイルスマートタウン推進財団 副理事長兼専務理事

SNSを中心としたWebメディアを専門とし、インターネットトラブルやサイバーセキュリティ、IT業界情勢などの解説でメディア出演多数。ブログやSNSの活用法や集客術、Webマーケティング、リスク管理等の講演のほか、民間シンクタンク(日本観光推進総合研究所 所長)にて調査・研究なども行う。

<著 書>
著者ブログ
ビジネスを加速させる 専門家ブログ制作・運用の教科書(つた書房)
はじめてのFacebook入門[決定版] (BASIC MASTER SERIES)(秀和システム)

[democracy id=”464″]

お客様満足度No.1・法令改正に対応した財務会計ソフト「会計王」はこちら

  • おんすけ紹介ページ

Tag

最新の記事

2024年06月14日パナソニック創業者が採用面接で聴いた質問とは?
2024年06月12日就業規則が分厚いと社員のモチベーションが高いワケ
2024年06月10日事業主に記帳や申告の知識はどこまで必要か
2024年06月07日デジタルデトックスのススメ:ストレス軽減!デジタル依存の解放術
2024年06月05日漫画家・作曲家は確定申告のアフターケアが大事!予定納税の注意点と対策方法について解説。
人気記事ランキング
2024年04月26日 【定額減税】個人事業主の定額減税はどうなる?
2024年03月20日 「4・5・6月の残業を減らすと社会保険料が少なくなる」は本当か
2024年03月01日 結局、一番得する社長の役員報酬額はいくらなのか!?
2022年06月30日 ふるさと納税の控除は正しい?住民税決定通知書での確認方法を解説
2024年05月09日 【定額減税】住民税は大丈夫?早めに確認したい4つのポイント
2024年02月15日 「定額減税」って何?2024年6月からの源泉徴収と年末調整はどうすべき?①
2023年10月16日 個人の法人の二刀流で大幅節税!?マイクロ法人ってなに!?
2022年08月10日 固定資産税の節税策?住宅街の土地に栗の木が生えているワケ
2024年02月12日 社長が毎年タダ同然で高級車を乗り換える節税スキーム!
2022年06月21日 従業員の副業がバレる?会社が住民税の決定通知書で確認すべき3つのポイント

カテゴリ

お問い合わせ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはこちらよりお願いします。