01 April

平成28年1月から開始されるマイナンバー制度 | みんなの経営応援通信 - 経理や経営に役立つ情報が満載

掲載日:2015年04月01日   
税務ニュース

平成28年1月から、マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)の利用が開始され、法人には法人番号、個人には個人番号が、平成27年10月から通知される予定です。国税庁長官が書面で通知する法人番号は数字のみの13桁で構成され、平成28年1月以降に開始する事業年度にかかる申告から、申告書等に法人番号を記載することになります。一方、12桁の番号で構成される個人番号(マイナンバー)は、市区町村から住民票の住所に「通知カード」で通知され、住民票を持つ者(外国人を含む)全員に付番されます。事業主は社会保障分野(雇用保険、健康保険、年金など)において書面の提出が必要となる場合に、また税分野において税務署に提出する法定調書等に、従業員等のマイナンバーを記載します。

また、所得税の確定申告においては、平成28年分の確定申告から申告書にマイナンバーを記載することになります。
番号が利用できる範囲は、法律や自治体の条例で定められた、社会保障・税、災害対策に制限され、事業主は、必要とされる従業員やその家族のマイナンバーを収集しなければなりません。例えば、平成28年分の扶養控除等申告書を提出してもらう場合には、従業員やその家族のマイナンバーが記載されることになりますが、番号管理等を疎かにした場合には罰則規定が設けられていますので、事業主は収集したマイナンバーの管理には注意が必要です。

お客様満足度No.1・法令改正に対応した財務会計ソフト「会計王」はこちら

  • 年末調整まとめ
  • 会計ソフトのことなら会計王
  • みんなの経営応援セミナー

最新の記事

2021年12月03日中小企業のSNSの運用の注意点やトラブルの対処
2021年12月01日コロナ禍だからこそ押さえておきたい!労働者へのストレスチェックの方法
2021年11月26日コロナ禍で高まった意識の一つが応援消費-年末までにふるさと納税を実施しましょう!
2021年11月22日共働き夫婦の子供はどちらの扶養? 令和3年8月からの健康保険の新基準を解説します。
2021年11月15日事業主・経理担当者必見!令和3年(2021年)の年末調整手続のチェックポイントを確認しましょう。
人気記事ランキング
2021年09月24日 免税事業者が気になるインボイス制度…簡易課税を選べば節税できる?
2021年12月03日 中小企業のSNSの運用の注意点やトラブルの対処
2021年03月24日 この時期だから押さえたい!「申請」と「届出」の違い
2019年11月01日 年末調整書類に『国民年金保険料控除証明書』が添付されている場合のチェックポイント
2021年08月09日 〔免税事業者むけ〕10月1日に登録始まる「インボイス制度」なぜ必要?準備もわかりやすく解説

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはこちらよりお願いします。

「新型コロナウィルス関連情報」を随時更新中です。