03 September

withコロナでも社員教育!オンライン研修のポイント

掲載日:2021年09月03日   
社会保険ワンポイントコラム

新型コロナウィルスの影響で、対面研修が実施しにくくなりました。それに代わり、オンライン研修を導入する企業が増加しています。パーソル総合研究所の「コロナ禍における研修のオンライン化に関する調査」では、「今後も既存の研修をオンラインに置き換えていきたい」と答えた企業の割合は8割を超えており、今後、オンライン研修が当たり前のものになっていくことが予想されます。

そこで今回は、オンラインでも研修効果を高めるポイントをご紹介します。

オンライン研修の特徴

どこからでも受講できる

オンライン研修は、どこからでも参加が可能なため、受講者は研修のために出社・出張する必要がなくなります。会社にとっても、会議室を押さえる必要がありませんし、会社に複数の拠点があったとしても、1つの日程で全拠点の社員に研修を受講してもらうことも可能です。また、遠方で活躍する方に講師を依頼するハードルも対面研修よりは低くなります。このように、研修の「開催」という観点では、オンライン研修は非常に有効な手段です。

コミュニケーションがとりにくい

一方で、デメリットとしてよく挙げられるのは、講師や他の受講者との会話がしにくいという点です。対面研修では、研修の前後や休憩中に気軽に雑談ができます。抱えている悩みを講師に相談したり、滅多に会わない社員同士で交流をすることで、新たなアイデアや問題解決策が生まれることもあります。しかし、オンライン研修は個別に会話がしにくい環境です。個別チャットの機能があっても、文字での会話と直接の会話では、伝わり方が異なるというのは皆さんもご承知の通りだと思います。

また、グループワークがしにくいということも言われます。使用するツールによっては受講者を任意のグループに分けることが可能ですが、ディスカッションはスムーズにできたとしても、グループで何か成果物を作成するようなケースでは、受講者がどの程度システムに精通しているかが重要になることもあります。そのため、オンライン研修では講師が一方的に話す研修になりがちで、受講者が受け身になりやすいという課題も頻繁に挙げられます。

オンライン研修の効果を高めるコツ

学んだ内容をアウトプットできる仕組みを作る

研修の目的は、研修に参加することや知識を得ることではなく、そこで得たものを職場で活かすことです。一般的に、人は20分後には覚えた内容の約40%を、1日後には覚えた内容の約70%を忘れるといいます。つまり、せっかく研修を実施しても、現場で活かすまでもなく、翌日には大半のことを忘れてしまっているのです。

記憶の定着には、話を聞くだけでなく、それを誰かに話す、書くなどのアウトプットや反復学習が重要だと言われています。そのため、定期的にディスカッションやワークの時間を設けるなど、受講者参加型の内容にすることは非常に有効です。また、研修後に確認テストを実施するのも良いでしょう。さらに、研修後にも課題を課し定期的にそれを提出してもらう、数か月後にフォローアップ研修や面談を行うことも、研修効果を高めることに繋がります。

これらはいずれもオンライン研修に限った話ではなく、研修中から研修後にかけて、受講者がいかに多くアウトプットできる仕組みを作れるかが、研修の効果を高めるポイントです。オンラインでも、これらを意識したカリキュラム作成ができると、対面研修にも劣らない研修が可能になります。

講師や運営部門には事前にITリテラシー教育を

他にオンライン研修で重要なのは、講師や運営側のITリテラシーです。オンライン研修では回線トラブル、ツールの不具合、情報セキュリティトラブルなど、対面研修では起こらないトラブルも発生します。トラブルで研修が中断すると、時間を無駄にするだけでなく、受講者の集中が途切れ、モチベーションの低下にも繋がります。また、どんな機能を駆使すれば効果の高い研修が実施できるかを十分に検討するためには、研修を主催する側がノウハウを持っていた方が良いことは言わずもがなです。

講師や運営部門は、ツールの使い方、起こり得るトラブルやセキュリティリスクへの対応方法、研修受講者のITレベルなどを十分に把握しておくことを推奨します。

オンライン懇親会を行う

講師や受講者同士の交流を大切にしたい場合は、オンライン懇親会を行うという方法もあります。研修中よりざっくばらんに会話ができるのが利点です。ツールを利用し少人数のグループに分けて懇親を深めてもらうのも良いでしょう。

 

困難が続く今だからこそ、従業員への研修を実施することが、強い組織を作るための施策の1つとも考えられます。withコロナと言われる状況でも、会社の業績や従業員の能力向上のために、上手にオンライン研修を活用していきましょう。

ABOUT執筆者紹介

内川 真彩美

いろどり社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士、両立支援コーディネーター

原稿提供元株式会社ブレインコンサルティングオフィス「かいけつ!人事労務」
本記事「withコロナでも社員教育!オンライン研修のポイント」はいかがでしたか?

お客様満足度No.1・法令改正に対応した財務会計ソフト「会計王」はこちら

  • 【会計事務所様向けオンラインセミナー】電子帳簿保存法のスペシャリストで国税庁OBの袖山氏が解説!来年1月施行の改正電帳法のポイントは?
  • 会計ソフトのことなら会計王
  • みんなの経営応援セミナー

最新の記事

2021年09月24日免税事業者が気になるインボイス制度…簡易課税を選べば節税できる?
2021年09月20日中小企業でも副業・兼業は活用できる!大切なポイントを押さえておきましょう。
2021年09月15日これまで通り個人事業を続ける?それとも会社を設立する?~経営面を比較して解説します~
2021年09月10日税務でマイナンバーを求められるのはどんな時? e-TAXなども併せて税務手続きを効率的に!
2021年09月09日銀行員から美容師への転身〜溢れ出る好奇心からIT導入で心地良いサロンへ~
人気記事ランキング
2020年08月03日 扶養家族は介護保険の保険料を納めるの?
2019年09月01日 その社会保険料控除、何月分ですか?
2021年09月20日 中小企業でも副業・兼業は活用できる!大切なポイントを押さえておきましょう。...
2021年03月24日 この時期だから押さえたい!「申請」と「届出」の違い
2021年07月10日 まずはここから!電子帳簿保存 来年度からの改正について詳しく解説します...

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはこちらよりお願いします。

「新型コロナウィルス関連情報」を随時更新中です。