09 October

福利厚生制度「カフェテリアプラン」を導入する際のポイント

掲載日:2023年10月09日   
社会保険ワンポイントコラム

近年、従業員の満足度や採用競争力を高めるために福利厚生制度を見直す企業も増えています。株式会社マイナビの「2024年卒大学生活動実態調査(4月)」によれば、学生の間で福利厚生に対する関心が高まっており、その中でも福利厚生メニューの種類と利用実績についての関心が高いことが分かります。

カフェテリアプランは、このようなニーズに応えることができる制度として、企業が導入を検討すべき福利厚生制度と言えます。

カフェテリアプランとは

カフェテリアプランは、企業が従業員に一定額のポイントを付与し(例えば、1人当たり30,000ポイント(3万円相当額))、そのポイント内で福利厚生メニューを自由に選択し利用できる制度です。

導入する際のポイント

(1)予算の確保

カフェテリアプランを導入するための予算をどうするか。カフェテリアプランは、1人あたりのポイント数(何円相当額)をいくらにするかを検討して予算を確保します。その際、既存の福利厚生制度の見直しと合わせて検討します。例えば、既存の制度として社宅や住宅補助があるものの、対象者が一部の者に偏っているならば、廃止してその予算をカフェテリアプランに充てる、ということも考えられるでしょう。

一方で、手当などを廃止する場合、就業規則や賃金規程などの変更を伴うことが多いのですが、その変更の内容が合理的なものであるか、廃止や新制度導入による不利益(利益)の程度を検討するとともに、従業員への説明を行うなど丁寧に進めることが大切です。

(2)対象者の選定

いわゆる同一労働同一賃金の考えの下では、福利厚生に関しても正社員と非正規社員との間で不合理な差を設けてはならない、とされています。そのため、カフェテリアプランの利用対象者について区分を設ける場合、福利厚生制度全体を通して、不合理な待遇差になっていないかの確認が必要です。

(3)適切なメニューの選定

カフェテリアプランを導入する際には、どの福利厚生メニューを選ぶかが重要です。一般的なメニューとしては、「育児・介護・ライフケア」「健康増進・疾病予防」「余暇レジャー」「自己啓発」「財産形成」「住宅」があげられます。導入目的や予算、従業員のニーズを考慮しながら適切なメニューを選定しましょう。例えば、従来からある住宅補助や慶弔に関する給付はそのままで、健康増進や余暇レジャーの内容をカフェテリアプランとして導入する、という選定の仕方もあるでしょう。

(4)外注する

カフェテリアプランの良さは、まさにカフェのような多様なメニューです。しかし、自社で実施するのはなかなかハードルが高いため、福利厚生サービス代行会社などに外注することをおすすめします。導入資金やランニングコストはかかりますが、メニューの充実度や管理業務の効率化が期待できます。

(5)ポイントの戦略的な設定

カフェテリアプランではポイント数を自由に設定できるため、会社から従業員へ「メッセージ」を送ることができます。例えば、従業員の語学資格支援を応援したい場合には、他のメニューより語学関連メニューの利用ポイント数を少なくすることで利用を促すことができます(例えば、育児関連5000P、語学関連3000P、レジャー6000Pなど)。このように単なる今までの福利厚生施策に留まらず、戦略的に人材の育成なども行うことができます。

(6)従業員への説明会を開く

カフェテリアプランを導入した目的、メニュー内容、利用方法などを説明します。シフト制の事業所では、複数回開催するとよいでしょう。説明会を録画した動画を配信している企業もあります。特に、カフェテリアプランの税務上の注意点として、従業員がメニューを利用してサービスを受けたときに、そのサービスの内容によっては給与所得として課税されます。そのような税務上の取扱いなどについても触れておくと、担当者が都度質問を受けたり、「手取りが減った」などの後々のトラブルを防止することもできます。

まとめ

カフェテリアプランは、企業と従業員の両方にとってメリットがある福利厚生制度です。従業員にとっては自由度が高く、企業にとっては運用コストを抑えつつ従業員の満足度を向上させる手段となります。カフェテリアプランの導入を検討する際には、上記のポイントを念頭に置いて進めて見て下さい。

ABOUT執筆者紹介

三谷社会保険労務士事務所 三谷文夫

三谷社会保険労務士事務所
大学卒業後、旅館や書店等で接客や営業の仕事に従事。前職の製造業では、総務担当者として化学工場での労務管理を担う。2013年に社労士事務所開業。労務に留まらない経営者の話し相手になることを重視したコンサルティングと、自身の総務経験を活かしたアドバイスで顧客総務スタッフからの信頼も厚い。就業規則の作成、人事評価制度の構築が得意。商工会議所、自治体、PTA等にて研修や講演多数。大学の非常勤講師としても労働法の講義を担当する。趣味は、喫茶店でコーヒーを飲みながらミステリ小説を読むこと。

原稿提供元株式会社ブレインコンサルティングオフィス「かいけつ!人事労務」

[democracy id=”467″]

お客様満足度No.1・法令改正に対応した財務会計ソフト「会計王」はこちら

  • おんすけ紹介ページ

Tag

最新の記事

2024年05月30日【文具ライター推薦】雨や屋外でもしっかり使える!水に負けない文房具
2024年05月29日事業に使える「電動自転車」!坂道も重い荷物もエコ・楽!
2024年05月27日アフターコロナの経営[シリーズ第5回]我が社はどれくらい借りられる?目安を知ろう
2024年05月22日備えあれば患いなし?災害発生時に企業が取るべき対応について
2024年05月21日【オンラインセミナー】5/15(水) 給料王ユーザー様向け 定額減税対応セミナー
人気記事ランキング
2024年04月26日 【定額減税】個人事業主の定額減税はどうなる?
2024年02月15日 「定額減税」って何?2024年6月からの源泉徴収と年末調整はどうすべき?①
2024年03月20日 「4・5・6月の残業を減らすと社会保険料が少なくなる」は本当か
2022年08月24日 【インボイス制度】登録されているか確認する方法&公表サイトではどんな情報が公開される?
2024年02月28日 「定額減税」って何?2024年6月からの源泉徴収と年末調整はどうすべき?②
2024年03月01日 結局、一番得する社長の役員報酬額はいくらなのか!?
2021年11月22日 共働き夫婦の子供はどちらの扶養? 令和3年8月からの健康保険の新基準を解説します。
2024年05月09日 【定額減税】住民税は大丈夫?早めに確認したい4つのポイント
2022年06月30日 ふるさと納税の控除は正しい?住民税決定通知書での確認方法を解説
2023年11月01日 【インボイス制度】登録番号の通知が、まだ来ない…請求書・領収書はどうしたらいい?売手・買手それぞれに解説

カテゴリ

お問い合わせ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせはこちらよりお願いします。